ライフイベントにどう対応できる??
もしも・・・にどう対応できるのかそれぞれのケースで確認してみましょう

ライフイベントごとに住まいを【借りる】にも【買う】にもそれぞれ注意しておきたいポイントがあります。住まいを選ぶときには、予算はもちろんですが、どう暮らしたいのか具体的にイメージすることも大切です!賃貸をお探しの方も、購入をご検討されている方もぜひ一度ご相談ください!

転勤のときは・・?

【借りる】
住む場所を柔軟に変えることができます。常に駅近の物件や築年数が浅いマンションに住むことも可能です。
【買う】
購入したマイホームを賃貸物件とし、家賃収入をローン返済に充てることができます。借り手がみつからないとローン返済と転勤先の住居費で二重負担になることもあります。

結婚・お子様の誕生 / ご両親との同居  一緒に住む家族が増えたときは・・?

【借りる】
家族の状況に合わせて住み替えができます。部屋数が多い物件が少ないため希望の条件のお部屋がなかなか見つからない可能性もあります。
【買う】
部屋のバリエーションが豊富なので、ご希望のお部屋を探していただくことができます。住み始めた後も自由にリフォームが可能なので、自身の好みのお部屋に変えていくこともできます!今の暮らしやすさではなく、お子様の成長など将来をイメージして選ぶ必要があります。

不測の事態が起きたときは・・?

【借りる】
状況に合わせて、住み替えができます。現在よりも安い部屋に引っ越すとしても家賃の負担は重くなってしまうので、状況判断が大切になります。
【買う】
住宅ローンを組む際に多くの方が団体信用生命保険に加入されるため、万が一、住宅ローンの契約者が亡くなった場合、住宅ローンの返済は免除され、家族にマイホームを残すことができます。住宅ローンを組む際の契約内容によっては、住宅ローンを払い続けなければならない状況になる可能性もあります。

老後はどうする・・?

【借りる】
子どもの独立・趣味に没頭したい・家賃を抑えたい!など、希望に合わせて住み替えができます。サービス付高齢者住宅という選択肢もあります。家賃を払い続けるため、住宅費分の貯蓄も必要です。また、収入が低い等高齢になってからの転居が難しい場合もあります。
【買う】
ローンの支払いが終われば、負担が少なくずっと同じ家に住めるという安心感があります。また、将来的に住み替えや介護が必要になった場合は、自宅を売却したり賃貸に出したりすることで、住み替え費用や介護費用をつくることができます。
自宅をメンテナンスしなければならない場合もあり、リフォーム費用などの準備が必要になります。

お問い合わせ